top
 製品設計支援(コンカレントエンジニアリング)
3次元CAD環境と射出成形品に対するノウハウを活用し、射出成形品の設計支援を行います。

  嵌合調整に成形試作を繰り返している。
 
  外観意匠品だが、ヒケ・ウェルド等のトラブルが解決出来ない。
 
  開発スケジュールがきつく、トライ&エラーしている余裕がない。

上記のような成形品に関わる色々な問題は、製品設計自体に起因するものが多く、射出成形独特の設計要素を考慮する事で、大幅な時間短縮が図れます。
 
1 造形試作から金型展開に使える3次元データを作成
射出成形品に必要な抜き勾配、PL面設定、ゲート配置、成形材特性など設計要素を加味したモデリングを行います。
2 機能・組み付け・生産性を考慮した製品設計が可能
長年の経験から、あらゆる業界の設計手法・方策をノウハウとして蓄積してますので、様々な御要望に対し、最適な設計・提案が出来ます。
3 設計から量産までの大幅な時間短縮が可能
精度の高い3Dソリッドデータを一貫して活用、そして上記のノウハウを加味して進めるので、無駄な試作を繰り返す事無く、結果的に大幅な開発時間の短縮に貢献できます。
 

 事例紹介 1
 
「引き廻し鋸Hipper」 … 産学官の連携による商品開発
 

 
玉鳥産業株式会社様が新製品の企画・開発を進めるなかで、財団法人新産業創造研究機構(NIRO)の「ものづくり試作開発支援センター」を窓口にして、神戸芸術工科大学の大田研究室にデザイン面での研究開発を依頼、産学官の連携による新商品開発がスタートしました。

モデラーにはRhinocerosを使用し、デザインから量産まで一貫して3Dデータをベースにする手法を採り、我々は、外観デザインがほぼ完成した段階から参画し、射出成形・2次加工サイドからの提案・要望を行いました。

そして、大学側がこれらを検討しデザインに反映、互いに3Dデータをやり取りしながら、量産可能な3Dモデルに煮詰めていきましたので、金型製作から製品発売まで3ヶ月あまりで完了、通常より短期間での開発に成功しました。

今回、他にあまり例のない産学共同開発に携わりましたが、大学は良い意味で既成概念にとらわれていないので、今後、斬新なものづくりを目指すには大きな可能性を秘めたパートナーに成り得るのではないでしょうか。
 


 PAGE TOP ↑  

 

ホームページへ戻る