top 
 CAD/CAM

金型設計から加工プログラム作成に至るまで、3次元環境を基本としてCAD/CAMを活用しております。

設計は、金型自体の形状情報をすべて3Dデータ化して3Dソリッドデータを軸とする設計を主流としています。次に、その3Dデータを基にCAMで演算させて効率よくNCデータ出力します。よって、設計から加工設備のNC加工機に至るまで、すべての情報は「データ」で伝達されます。

生産に関わるCAD/CAM/NC加工機はLANにてネットワーク統合されていますので、シームレスなネットワーク環境と一元管理された3次元環境の有効活用により、設計から機械加工に至るまでのリードタイム短縮を図っております。

>CAD/CAMの一覧はこちら<

-----------------------------------------------------------------
 主なCAD/CAM
VISI−CAD
<3次元CAD> VERO VISI−CAD
PARASOLIDカーネルによる高精度ソリッドモデラー

シンプルで作業性の良いソリッド環境なので、製品のモデリングから型割設計に至るまで、ほとんどの設計作業をこれで行っている


2000/3 導入

Rhinoceros

<3次元CAD> AppliCraft Rhinoceros 
柔軟なモデリング機能とデータ変換機能が優れているのが特徴

VISI-CADでは作成しづらい曲面形状を作成する時や、他CADとのデータ受渡しする際、補完的に使用

その他、曲面分析、レンダリングを使用して面品位評価も可能
 

2005/12 導入

WORK NC
<3次元CAM> SESCOI WorkNC 
数少ない操作で信頼性の高いNCデータを作成できる自動CAM

演算速度が速い上に、オペレーションを自動化できるので、NCデータ作成リードタイムの短縮・生産性向上に貢献


2000/3 導入+ 2010/2 増設

 
-----------------------------------------------------------------
CAD/CAM一覧
  
名 称 メーカー名 機種名 台数 備 考
<3次元CAD> VERO VISI−CAD
1
<3次元CAD> AppliCraft Rhinoceros 
1
<3次元CAM>

SESCOI

WorkNC 
2
64bit対応
<2次元CAD> CANON TURBO CAD STD v10
1
<2次元CAM> 小池システムプロ CAMシステムプロ V5
1
ワイヤーカット用
<3Dデータ変換> C'set 3DTascalX
1
 

PAGE TOP ↑


ホームページへ戻る